Top

はじめまして♪

初めまして☆
ミステリーなドラマや物語が大好きな主婦です。。。
今では本を読む時間もなく、もっぱらテレビや映画ばかりですが、
あれやこれやと犯人を推理したりするのが大好きです。。。

発端は小学生の時に読んだシャーロックホームズ。。。
それが私の推理の原点

あのドキドキ感がたまらなく好きです…
そして意表をつく展開。。。
裏切られた時はも~感動します!!

だいたい当たらないことが多いですが、
あ~だこ~だ考えてる時間が好き☆
そこにある複雑な人間模様が好き♪

でも、ホラーは嫌い…
怖いのはダメ。。。特に幽霊は苦手な私ですが
ここで少し語らせてくださいね!!
greeにも最近はまってたりします。カードゲームは中々面白いですよ。



少年探偵団

小学生の時、学校の図書館でよく推理小説を借りていました。
シャーロックホームズも江戸川乱歩も読破したはずです。

内容はもう忘れてしまってますが、
あの頃のドキドキ感は今でも残ってますね~

その頃、テレビで「少年探偵団」が放送されていました。。。
なんとなくしか覚えてませんが、当時大好きでしたね~
毎週楽しみにしてましたよ☆

主役の小林少年や当時出ていたキャロライン洋子さん、
あと中村警部の顔なんかははっきり覚えてます
怪人二十面相が誰なのか、当時すごく気になったものです!!

この頃から推理物大好きでした。。。
また時間ができたら本も読み返してみたいと思ってます。
いつになることやらですけど…



探偵団という響き

小学生の頃、「まごべえ探偵団」っていう番組が好きでした。
たぶん、名古屋ローカルです。

VTRの事件を見て回答者が推理するっていう番組でした。
内容は所どころしか覚えてないですが、毎週楽しみにしてた
ことは覚えています。

当時、「探偵団」っていう言葉に妙に魅かれていました。
少年探偵団にしてもそうだし…
謎解きが好きだったんですね

その割に自分の推理ってあまり当たらなかったけど…(笑)
当たらないから面白いんですよね~
そうか、そうだったのか…的な
全然気が付かなかった!!っていうのがいいんです♪

小学生が見る番組だから、ひどい殺人なんかは少なかったと思う。。。
盗まれたりするのが多かったかな~
刺激が強いのはちょっとね…



金田一少年の事件簿

ドラマでハマったといえば「金田一少年の事件簿」
堂本剛くんとともさかりえちゃんがやってましたが
これまた好きでしたね♪

アニメもけっこう好きで見てましたが、
私はドラマの方が好きでしたね

これがきっかけでkinkiのファンになったくらい

映画も見に行きましたよ~ひとりで…
誰も一緒に行ってくれなかったから(笑)

金田一少年といえばやっぱりあれでしょ・・・
「じっちゃんの名にかけて!」
あの決めゼリフはよかったなぁ~

金田一少年の事件簿って殺人の影に悲しい真実が
いつも隠されてましたよね
あれが好きだった…

そしてはじめちゃんの「そうか、そうっだったのか・・・
謎はすべて解けた」これがよかったんですよね~

何気に古尾谷さんが自殺してしまった時は
ショックでしたね…
思い入れがあったので。。。

好きだったのは第1、第2シリーズで
松潤のは全然見てないの…

やっぱりイメージが・・・
私の中のはじめちゃんはやっぱり剛くんだったから。。。
あの頃は細かったよね…しみじみ
思えばあの頃から私は堤ワールドの虜だったんですよね~



今回はちょっとお休みかな?

この4月からの番組は驚くほどにホームドラマが多いですね
子役の活躍が目立ちます。「マルモのおきて」もそうだし、
「犬を飼うということ」もそうだし…

あとは「ハガネの女」に「グッドライフ」
これも子供が出てきますね。。。

前回は犯罪ものばかりで
見ていてキツかった…

ミステリーは好きだけど、
なんでもかんでも殺人事件が好きなわけじゃないから…

なんでこうテレビ局ってかぶっちゃうのかな~
もっとバラバラでいいのに…
って思っちゃう。。。

ほどよくバランスとれてるといいんだけど。。。

とりあえず、今回はBOSSだけ…

あの番組は刑事ものであり、バラエティーであり?
どちらにしても面白い!!

けっこう裏切られることもありますよ…
BOSSも野立さんも芝居してることが
多いし。。。
みんなのキャラが確立されてていいですね☆
ずっとシリーズ化して欲しいなぁ
モバゲーでコラボゲーム出たら絶対やるんだけどなぁ。。



ジウ警視庁特殊犯捜査係

「ジウ警視庁特殊犯捜査係」始まりました♪
深夜枠なので、ちょっと忘れてしまいがちだなぁ~
しっかり録画して見ないと…

けっこう重い内容かもしれない
いきなり指の入った袋が出てきたりして
ドキッとさせられましたね

あの金髪の少年が気になって仕方ないです(≧□≦;)
事件すべてに関与してるんだろうか??

想像を掻き立てられますね~

結局、誘拐された男の子の指はどうなったのか…
はっきりわからなかったから、なんかもやもやします。
その辺には一切ふれなかったのが
かえって不自然だったけど…

この分だと最終回までけっこうドキドキさせられそうですね
楽しみです☆



これは見に行かなくちゃ

最近の映画情報を見ていると
ミステリー作品ってのがほんと少なくなったように思う

何でもかんでも3D化されて上映されるため
その臨場感や迫力を楽しめるように
派手なアクションものやCG物ばかりが目立つようになってきている

日本映画は動物や人物のドキュメンタリー映画ばかりだし
映画館でやったと思ったらすぐにDVD化されて出てくる
だから最近の映画ってものにあまり魅力を感じないんだけど
そのなかで1つだけ興味を引くものがある

ドラゴンタトゥーの女って映画だ
もう上映が始まっている映画で
R-15指定になっている

世界中で5000万部を売り上げる同名ベストセラー小説を映画化したものだという
監督は『ソーシャル・ネットワーク』のデヴィッド・フィンチャー監督
雑誌“ミレニアム“の屈強なジャーナリスト、ミカエルが
天才リサーチャーのリスベットとともに、40年前に起きた謎の失踪事件の真相解明に挑む
というものでミステリー映画というよりはスリラー映画らしい

でもこういう映画こそ映画館で見てドキドキするのがいいと思う
是非見に行かなくては

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.